スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一覧


弱武器一覧

テク上げのテクニック

カイロ修行に必要な準備

スポンサーサイト

弱武器一覧

剣 奥義取得技巧ランクR46
竹ぼうき 攻撃力3 耐久10
探索:地中海南アフリカ北岸、トリポリ郊外

ロングソード 攻撃力16 耐久30
各国本拠地、ローマ

槍 奥義取得技巧ランクR42
スピア 攻撃力18 耐久30
ハンブルグ、ロンドン、ヴェネツィア

杖 奥義取得技巧ランクR40
お菓子の杖 攻撃力2 耐久100
Liveイベント「イレーヌと作る世界のコース料理」

司祭杖(交易専用) 攻撃力5 耐久20
ナポリ、ローマ、ヴェネツィア

斧 奥義取得技巧ランクR44
手斧 攻撃力17 耐久30
アムステルダム、セビリア

投てき 奥義取得技巧ランクR45
ショートソード 攻撃力9 耐久30
各国本拠地、ローマ

銃 奥義取得技巧ランクR48
マッチロック式射撃銃 攻撃力8 耐久20
ナント、ボルドー、アントワープ、ハンブルグ アテネ、
カサブランカ、ナポリ

弓 奥義取得技巧ランクR42

短弓 攻撃力16 耐久30
リスボン

テク上げのテクニック

テク上げ用奥義

下の写真の様にベースを上げたいテクニックにし、そこへ
威力を下げるテクニックを組み込む。テクのダメージが激減するので
チェイン数を稼ぎやすくなる。

コインに余裕がある人向け
ougi1.jpg

コイン消費を少なくしたい人はこっち
ougi2.jpg

挑発:威力減 ゲージ消費-15 射程-5
クイック:威力減 射程+5
させているので上記の組合わせでなくともよい。弓のテク上げをしたい時は
これを踏まえて奥義を作るとよい。


同時上げ
持ち替え武器に上げたい武器を登録しておき
13チェイン目以降(つまり100とれるタイミング)で武器を切り替え、テクを一発当てるだけ。
これで二つの武器の技巧を100ずつ稼げるようになる。

4番目の武器の会得度を消す方法
まだ会得武器として登録されていない武器を二つ用意する。
一つを装備し一つを持ち替え用で装備する。
その状態で戦闘に武器を持ち替えて勝利すれば4,5番目に
使用した武器が登録され消える。
4番目の武器だけ消したい場合は5番目の武器を持ち替えか
通常の装備で戦闘に持ち替えて勝利すれば4番目だけが消える。

冒険上げ上げ

・陸戦


紅毛ダンジョン前のボス 自給1万↑
稼げるけどしんどいし、場所が空いてなかったら終わり。
他のダンジョン前にもボス軍団がいるが紅毛が一番おいしい。次いで安土だったか。
重慶奥地はダメダメ。甲板は海事レベリングにはいいが、陸戦分経験値はあくまで
おまけなので冒険職でやると海事経験値を損するだけ。

リマ、朝鮮、紅毛中層ダンジョン 自給1万前後?計った事がないので不明。
銀タロ、鍛練具、仕立て、鍛冶を狙いながらひたすらダンジョン。
超飽きる。空が恋しくなる。鍛練具でない。モグラと呼ばれる。


・冒険


リマ宗教学地図回し 自給1万↑
頭痛薬を大量消費するが街と郊外だけの移動で終わる。探索宗教開錠もぼちぼちあがる。
しかし飽きる。口説きスキル必須。

冒険クエをしらみつぶし 自給???
大学スキルを駆使し、回航、風霊や臨時乗船券などアイテムを使い残っている冒険クエを
やりまくる。案外上がる。のんびりできるが冒険系スキルはもちろん必須。


・大学スキル


海洋学2 自給20000↑
委任航行(1枚~)100回 長距離航行20回 委任航行(3枚~)4.7回
冒険660 冒険名声300
委任航行は目的の港に到着したら、ではなく委任出航した瞬間に論文を書くので
委任航行3枚以上の場所を指定して出発、即元の港に戻るを繰り返せばあっという間に
論文が書きあがる。しかし、論文完成までに5回かかるので5x3で15枚回航許可が必要になる。
つまり冒険経験1万ほど稼ぐにあたり225枚程度かかるという事になる。
よほど溜め込んでる人じゃないと無理。研究自体は委任と長距離航行ですぐ終わるので
普通の冒険とセットで考えたほうがいい。


冒険に近道など無いことがわかっていただけただろうか。
同じことを延々やると飽きるので上記の方法を気が向いたらやって行くぐらいが
一番いいかもしれない。陸戦的な事をいうと冒険上げは最後でいいかな。

陸上対人戦

・対人戦
本当に基本的な事。心構えって程度ですがちょっと書きましょう。

彼我の戦力を比較して、自分にとり有利な状況で戦う。
これに尽きます。例を出します。

A:武器 弓 狙撃R20 装備:攻撃力150 防御力300 陸戦SS4
B:武器 槍 剣術応用R20 装備:攻撃力150 防御力300 陸戦SS4
この二人がまともに撃ち合って戦うとどちらが勝つでしょうか?
勝負は水物?いえいえ。この場合勝つのはBの槍です。

一見同じように見える二人の戦力ですが実際はかけ離れています。
装備以外の部分、スキル・武器特性で大きく水を開けられています。
Bの槍は近接武器特性である防御がありますが、弓にはありません。
一定の確率で弓の攻撃は半減されてしまう上に槍には高い
クリティカル発生率があります。さらに近接系のスキル応用剣術には
遠距離系スキルにはない攻撃力上乗せがありSS増加分も
考えると戦闘時にはなんと44も違いがでてしまうのです。
Aの弓が戦闘時攻撃力が300だとすると対する槍は344です。

まともに撃ち合ってもカウンター程度では埋められない戦力差は
回避の出に頼るほかになく、これでは運ゲーと呼ばれても仕方がない。

ではどうするか。
この「状況を作らない」ためにどういう行動をしたらいいのか。
まずは知る事です。相手の強さと特性を知り、その対策を練るのです。
そして出来上がった戦術をぶつける!まーそう簡単には勝てません。
相手も考えてますから。しかしこうして脳みそを使い戦術戦法を考え
実行し練り上げていく過程できっと「運げー」等と陸戦を卑下する事も
無くなり新しい陸戦の魅力に気がつけるのではないかな?

100戦やって100戦勝てるなんて事はありませんから、どんどん対人やって
ぼこぼこ負ければいいんです。負けたって学んで活かせばムキムキ強くなる!

だから、あなたも行きましょう。運を頼まない陸戦屋達の修練場。

陸戦交流会 陸戦屋の宴へ!!
プロフィール

ジョゼリアーノ

Author:ジョゼリアーノ
大航海時代notosサーバー
陸戦研究所

カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。